私の生理痛軽減方法はカイロの温熱法

私は生理痛が酷い方で、重度の場合は1日中、
起き上がれないくらいの痛みを伴います。

以前は薬(ロキソニン)を服用していましたが、
時々副作用で頭痛が起こる様になり、
以後はどうしても我慢ならない時以外は使用していません。

少しでも痛みを軽減させるために私がとっている方法は、
カイロによる温熱法です。

下腹部と、出来れば、
その反対側くらいになる背中部分にもカイロを貼り、温めるのです。

温めると痛みはかなり和らぎます。

実際に生理痛で苦しんでいる
友達の殆ども下腹部を温める方法をとっています。
腹巻をしたり、中には緩めの下着を2枚穿きしている人もいます。

そして温める方法としてもう一つあるのが、
温かい飲み物を摂ることです。

基本、温かければ何でもいいのですが、
私はしょうが紅茶を好んで飲んでいます。

しょうが効果で温かさが持続するからです。

これは看護師の母から聞いたのですが、
水分を多くとって尿を出すのは生理痛の軽減に役立つそうです。

夏場、物凄く気温の高い時に温かい飲み物にはなかなか手は出ませんが、
水分であれば特に制限はないそうなので、
生理痛が酷いと感じた時はこまめに水分を摂ってトイレに行くことを私も心掛けています。

かといって、余り体を冷やすのは逆効果だと思いますが、
私自身、夏の間は飲み物に限らず、
すいかやメロンなど水分の多い果物などを食べ、
よくトイレに行きました。
確かに何度も行って、排出するうちに、
お腹の痛みが減っていったような気がします。

これは、生理痛に起こるむくみを軽減するにもいい方法だそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>