血糖値を下げるには食事の順番を考える

糖尿病でない人は食後は一時的に血糖値が上昇しますが2時間もすると自然に下がります。

しかし、糖尿病の人は上がった血糖値が2時間しても
下がらずに血糖値が高い状態が続きます。

そうすると動脈硬化などの合併症のリスクが高まります。
しかし、食事をすると血糖値が上がるからといって
食事を抜くわけにはいきません。

また、血糖値を上げる炭水化物をまるまる抜くことも難しいです。
そこで、血糖値が高めの人は食事の順番に気を付ければ良いと思います。

まず、最初に食べるのは野菜、次が汁のも、主菜、ご飯と血糖値を上げにくい順番にします。

ご飯が最後だからといって食べ過ぎはダメですが、
最後にすることである程度お腹が一杯になっているので、
思ったほどは食べられません。

また、これは血糖値を上げにくい方法なので、ダイエットにも効果があり、
メタボリックシンドロームと診断されている人にも効果があります。

自炊なら可能でも、外食やコンビニ弁当では野菜は無理と思うでしょうが、
外食時にも必ずサラダを1品頼むようにしたり、
コンビニではお弁当を買うついでにサラダを買うようにすれば、
続けられるのではないでしょうか。

毎日、続けていると最初に野菜を食べるのが習慣になり、
逆に食べないと気持ちが悪くなります。
他にはコーヒーを飲むと血糖値の上昇を抑えることができます。

しかし、これは糖尿病でなない人には効果がありますが、
コーヒーで糖尿病が良くなるというものではありません。

また、サプリに頼るのも一つの方法ですが、
毎日のことなので、
食べる順番を実行する方が簡単にできるのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>