血糖値を下げる食事と運動

血糖値を上げないためには、
やはり、
食事制限と運動療法が大切になります。運動不足は、
血糖値を下げてくれるインシュリンの働きが悪くなります。

筋肉量を増やすと、
筋肉でブトウ糖が良く利用されるようになりますので、
血糖値を下げるのに効果的です。
また、
内臓脂肪は、皮下脂肪とは違い、
糖尿病などの生活習慣病につながる
悪いホルモンを分泌していることがわかっていますので、
つけすぎないようにしましょう。

幸い、皮下脂肪と比べて一定時間のウォーキングや水泳などの
有酸素運動で簡単に落ちるといわれています。

食後三十分ぐらいしたら、ウォーキングを二十分から三十分続けましょう。

食事による血糖値の上昇を抑えることができますし、
肥満防止にも効果があります。

食事に関しては、
精製された白砂糖は、血糖値の変動が激しくなるので、
なるべく避けるようにしましょう。

炭水化物または、糖質はブドウ糖にかわり、
体を動かすエネルギーになってくれますが、
摂りすぎると血糖値が上昇します。

血糖値が高い人は、糖質を摂り過ぎないようにしましょう。

サプリメントでは、白インゲン豆の成分に、
でんぷんがブドウ糖になるのを防ぎ、
血糖値が上がるのを抑える作用があります。

また、ギムネマには、ブドウ糖の吸収を抑えてくれる作用があります。

その他、
血糖値を下げてくれるインシュリンを作るのに必要な栄養素が亜鉛やマンガンです。
クロムは、インシュリンの働き強めて、細胞に糖を取り込みやすくしてくれますので、
マルチビタミン、ミネラル剤もおすすめです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>