誰でもなるカンジダ膣炎

私もカンジタになった経験が何度かあります。
初めてなった時は、かゆくてかゆくて眠れないこともありました。
そしてこの症状が何の病気か不安でたまりませんでした。
症状は、おりものが増える、かゆいなどでした。
何の症状かよくわからずしばらく我慢していたのですが20代初め頃だったので、
妊娠しているわけじゃないのに婦人科を受診をするのが恥ずかしく思っていました。
がやっとの思いで一人で受診しました。

先生に見てもらいカンジタは、みんながなるものでホッとしました。
そして毎日、膣に薬を入れて、
かゆいところには、クリームを塗って1週間ほどたつとすっかり良くなっていました。

ですが一度なるとなりやすいとも先生に言われました。
その後も何度かかかりその度に産婦人科へ受診していました。

結婚して妊娠してからもかゆくてかゆくてということがありその時は、
洗浄をしてもらい薬を塗るという治療ですぐ良くなりました。
妊娠中もなりやすいようです。
夏場や生理用ナプキンなどがむれてカンジタになってしまうということもあるようです。

免疫力が低下している時もなりやすいと聞いたことがあります。
若い頃は、ちょっとくらいかゆくても行くのが恥ずかしくて我慢していましたが
もうあのかゆみがなくなるならとすぐ産婦人科へ行って、
症状も抵抗無く伝えられるようになったのも年をとったからなのか^^;

今では、薬局にもカンジタの市販薬ありますよね。
買った事はないですが、
女性のお客さんがカンジダ専用の薬が欲しくて、
男性店員に症状を伝えていたのには、
ちょっとお店で買うのは、無理だな~と思ってしまいました。

でも、今はカンジタの市販薬が通販でも買えるので恥ずかしい人は
通販がおすすめかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>