つけまつげの付け方は難しくない

アイメイクをする中でやはり皆さん目力を出すのに頑張っていらっしゃいますよね。

アイライナーで強調したり、アイシャドウで立体感を出したりと様々な方法がありますが、
目の存在感を出すのにとても有効なのは、付けまつげです。

慣れているかたは、コツをつかむと簡単につける事が出来ますが、
普段付けていない方からは、難しそうだし慣れないと綺麗な仕上がりにならなそうという声を聞きます。

しかし、付けまつげを使ったことのない人でも重要なポイントさえ押さえれば綺麗につける事が出来るのです。

そののポイントを簡単にご紹介しましょう。

まず市販の付けまつげと専用ののりを用意します。

(のりは付属で入っている物が多くあります)

付けまつげを台紙から剥がしたら、ここからが1つ目のポイントです。

付けまつげは少しカーブした形になっていますが、実際はまぶたの方がカーブが強いので
付けまつげの端と端を近ずけてくせをつけます。指に巻きつけて少し置くのもいいでしょう。

まぶたくらいのカーブのくせが付いたら次に2つ目のポイントです。

のりを付けるのですが多くの方がのりのつけ過ぎで失敗してしまいます。

なのでのりは直接塗らずに必ず爪楊枝の先やピンセットを使って薄めに塗りましょう。

のりが多いと剥がすときにまぶたの角質も一緒に剥がれダメージを受けてしまったり、
はみ出たのりにアイシャドウなどがくっついて見た目が悪くなってしまいます。

ただし目尻・目頭の端まできっちり塗りましょう。
でないと端から剥がれやすくなってしまいます。

そこまで行ったら慌てずゆっくりまぶたの淵に乗せます。
まだ位置はずらせるので、乗せたい部分に
付いたら、地のまつげと一緒に指または専用ピンセットで挟んで乾くのを待ちます。

目頭・目尻の部分を押さえて乾かすと良いでしょう。

乾いたらそっと手を離して完成です。

上記のポイントをおさえながら、丁寧に行えば
誰でも綺麗につける事が出来るので、是非チャレンジしてみて下さい。

うるうる涙袋でモテ度UP♪

涙袋がある人って可愛いですよね~
私には涙袋がないので、もとから涙袋がある人にすごく憧れます。
涙袋ってデカ目効果はもちろんですが、
セクシーな印象もあるように思います。

例えばAKB48のともちんこと板野友美さん。
ぷっくりした涙袋の持ち主です。
ともちんの大きな目は可愛いだけでなく、色気も感じます。
涙袋によってセクシーさ倍増しているように思います。

こうして今、女性の間で涙袋への憧れが高まり、
涙袋を作る美容整形まであるそうですね。

でも整形なんてしなくても、簡単に涙袋を作ることができるのです!
その名も『涙袋メイク』。

アイシャドウを駆使して、疑似涙袋を形成していきます。

それでは涙袋メイクの方法をご紹介しますね。

必要な化粧品は、二色のアイシャドウのみです。

①薄ピンク~薄ベージュのアイシャドウ(パールやラメ入りのもの)
②白系ラメシャドウ

どちらも定番の色なので、
既にお持ちの方が多いのではないでしょうか?

まず、①のアイシャドウをチップに取り、
下まぶた全体に塗っていきます。
これが涙袋のベースとなりますので、
ぷっくりみせたい所に塗っていきましょう。

次に②のアイシャドウを①に重ねづけるように塗っていきます。
ただ重ねる部分は一部分のみです。
黒目の下、いわゆる中央部分だけ②を重ねづけます。
真ん中だけに②をつけることにより、立体感が生まれるのです。

最後に注意点を。
どちらも厚く塗るのはNGです。
悪目立ちしてしまい、わざとらしくなってしまいます。

「涙袋メイク」是非試してみてください!

自分に無理のない二重幅を見つけよう

私は超がつくほどの一重まぶたです。
重たいまぶたが本当にコンプレックスでした。
同じコンプレックスを抱えている人も多いと思います。

一重か二重か、それだけで目元は大きく変わるし、
顔全体の印象も変わってきますよね。

どうしても二重になりたくて、
これまで色々な方法や商品を試してきました。

マッサージをしてみたり、クリームを塗ったり、
何十種類もの二重まぶた形成化粧品も試しました。

三年程前にようやく自分に合った二重メイク術と出会い、
今では二重メイクを楽しんでいます。
(もちろんすっぴんは一重まぶたのままです)

試行錯誤する上で気付いたことがあります。
それは「自分に合う二重幅を見つけること」です。

私はギャル系のメイクが好きだったので、
益若つばさちゃんのような幅広二重に憧れていました。

アイテープ等を使って幅広二重まぶたを作ろうとしますが、
全く上手くいきません。

なぜ上手くいかないのかというと、まぶたが重すぎるから。

はっきり言いますが、”"憧れ”"は捨てて、
自分のまぶたに見合った無理のない二重幅を探してみましょう。

重い一重まぶたの方が、
幅広二重まぶたになることはほぼ不可能だからです。

もともと一重なわけですから、
例えば奥二重になっただけでも全然違いますよ~!
十分可愛く見えます!

自分に見合う二重幅を見つけるには、
毎日色んな幅を試してみるほかありません。

ただアイテープやアイプチ、メザイク等を繰り返し行うと、
まぶたが赤くなり荒れてしまいます。
一日一回と決めて行いましょうね。

まずは狭い幅から試してみましょう。
きっと自分に見合う二重幅がみつかるはずです。